どんなときにホルモン剤は使われる?

hrhts
ホルモン剤と聞くと副作用が心配だ、自分に合ったものが見つかるだろうか。
など不安に感じることはたくさんあります。
しかしきちんと知識として知っておけば、そんなに恐れる必要はありません。

そもそもホルモン剤とはいったい何か

一般的にホルモン剤とは婦人科系の病気の治療に用いる、女性ホルモンを差します。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、これらを人工的に配合した薬がホルモン剤です。
通常人体では必要なホルモンが分泌されていますが、なんらかの理由でバランスが崩れてしまうといろいろな病気を引き起こす原因となります。
病気を治す、症状を改善すると言う意味では他の薬と違いはありません。
ただ、ホルモンはもともと体内にある成分なため、体への影響が大きいようです。

どんな人に処方されるのか

多くの場合、更年期障害や月経不順など女性特有の症状に使われます。
生理周期が短い時や思春期で整理が安定していない時など生理関係。
また閉経近くなると女性ホルモンの分泌が低下してしまうために補う意味で使うケースもあります。
他にも子宮系の病気や不妊症にも使用されます。
主なものでは子宮内膜症の方は月経がくると症状が悪化することがあるので、その予防のために使うことがあります。
黄体機能不全という体温が一定に保たれないために不妊になっている方にも使われるなど意外と用途は幅広いです。
使われるホルモン剤や薬は症状により異なりますが、ホルモンのバランスを元に戻すと言う目的は同じです。
避妊薬として有名なピルもホルモン剤の一種です。

薬に頼るだけではなく生活環境の見直しを

女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因はさまざまです。
ストレス、食生活の乱れ、運動しないことなどです。
薬が処方された場合、用法用量を守ることはもちろんですが、自分の生活習慣を見直すことも必要です。
とは言え、現代でストレスのない人など皆無と言っても過言ではないでしょう。
自分なりの発散方法をいくつも持っておくなどストレスがあってもなるべく溜めないようにするのが良いでしょう。

薬以外にも女性ホルモンを増やすとされる食品やサプリメントがあります

歳を重ねてからの肌荒れや骨粗しょう症、自律神経の乱れなどは女性ホルモンの分泌の低下が原因であることも多いです。
症状が軽度の場合サプリや食品で補う手もあります。
サプリは薬局などで手に入ります。
薬剤師に症状を話して相談してみましょう。

気になる方は一度病院に行くと安心です

サプリを飲んでも症状が解消されない場合、大きくホルモンバランスが崩れている可能性があります。
少しでも気になりことがあるならば早めに医療機関を受診しましょう。
調べてみて、なんでもなければそれに越したことはありませんし、どんな病気も早期発見、早期治療すれば大事になる前に対処できます。
恥ずかしいと感じる方もいるようですが、症状が重くなってから治療となると費用も時間もかかります。
女性特有の病気や症状は誰にでも現れる可能性があるので恥ずかしがることはありません。
薬は経口薬や貼付薬、塗布薬などいろいろな状況に合わせて、選択できます。

副作用が心配だと仰る方もいらっしゃるようです。
しかししっかりと副作用や薬の知識があればそれほど恐れることはありません。
ホルモン剤に関しては副作用の話や噂が独り歩きしている現状があります。
無責任な他人の話を信じる前に、医師や薬剤師などきちんとした知識のある人に相談しましょう。
ホルモン剤の通販ランキング
■http://www.okusurizukan.info/

新着情報

◆2016/09/21
どんなときにホルモン剤は使われる?の情報を更新しました。
◆2016/09/21
ホルモン剤の副作用は?ガンになるって本当?の情報を更新しました。
◆2016/09/21
女性ホルモンのバランスを保つにはの情報を更新しました。
◆2016/09/15
美しくなりたければ大豆製品を食べましょうの情報を更新しました。
◆2016/09/15
現代病とも言われる、子宮内膜症とはの情報を更新しました。